So-net無料ブログ作成
検索選択

漢前祭り開催!!“上げ膳据え膳的漢前祭り”伊豆で海の幸を喰らう!の巻 [オートバイ・アウトドア・病気の話など・・・。]

今年も“祭りの季節”がやってきた。今回はその報告である。例によって2日間の出来事を一気にブログアップ!!いつものように“妄想”まみれのレポートである。当然、異常に長いので、根性が有る方のみ、先に進んで頂きたい。さて、恒例となった“漢前祭り”…。昨年まではキャンプ形式で行っていたのだが、今回、初の試みとして“上げ膳据え膳的漢前祭り”と称して宿泊施設利用で開催されたのである。
作戦の決行日は8月20~21日。作戦エリアは、名古屋からの刺客Mr.Tさんの入念なリサーチにより西伊豆の宿が確保されていた。しかし、キャパ20名位の宿である。我々のメンバーだけで14名(当初はもっと居たのである。諸般の事情で参加出来なくなったメンバーが2名。)

CB1300シリーズを始めに各種大型バイクで小さな宿に乗りつけ付けようものなら、バイクを良く知らん人は恐ろしく感じるであろう。まさに“ヤ〇ザの占有工作”と同じようなものだ。ほとんど“嫌がらせ”に近い。
祭りの開催前に私はそう思っていた。“どうかカタギの衆に迷惑をい掛けないで過ごしたいと…”

と、当初はほとんどのメンバーがバイクで参戦予定だったのである。今回、宿の手配から飲み物の調達まで一手に引き受けてくれた、Tさんと“愛妻”のモモちゃんは“各種必要物資”を満載してサポートカーで出撃である。

そんな訳で、“作戦開始”を待ちわびていたメンバーであったが、20日の週、つまり8月15日以降、天候が芳しくないのである。最初はさほど気にもしていなかったのだが、作戦決行日に向けて降水確率は、正に“うなぎ登り”であった。それでもなお、“希望的観測”を捨てられなかった私と参加メンバーのGAZZYさんは仕事の合間を縫って“根拠無いけど降らない気がする”等と、ツイッターでつぶやきあっていた。

しかし、前日の19日の夜、事態は急変するのである。
なんと、最大でも60%だった“降水確率”が90%に達したのである。
”秋雨前線”が南下し、日本列島のど真ん中に居座っているのであった。
その晩、帝都に激しい雨が降る中、私は丸の内某所で昔の上司と旧交を温めるべく、シブくグラスを傾けていた。

だが、一応“祭り”の管理人”である私は、以前から宣言していた通り、“前日の21:00”を持って関東組(GAZZYさん、KONさん
カッキー&コロちゃんご夫妻(なお、コロちゃんはGAZZYさんの妹である。)更にはクロさん、埼玉から遠征のやんべさんの交通手段を決定しなければならなかったのである。
21時が迫るにつれて、携帯で色々、情報収集。が、どこを見ても“明日は降らない”との情報は皆無。
なんせ、天気図がこの状態である。
天気図.png

これを見て、関東から伊豆方面で“雨が降らん!”等と思うアホはおるまい。
まあ、雨でもバイクで行っても良かったのだが、ツーリング中に不測の事態として雨が降るのは仕方が無い。
これは、私が貧しくて“カッパ”が買えん訳ではないのである。カッパくらい持っとるわい!
だが、好き好んで降ると判っている場所にバイクで行くほどの根性の持ち合わせが無かったのである。

と言う訳でめでたく、関東連合はクルマでの参戦に決定したのである。私は、カッキー夫妻、GAZZYさんとご子息のR君とともにKONさんの新車のハイエースに同乗する事になった。クロさんとやんべさんは自分のクルマで…。道中は携帯とともに我々の“必須アイテム”である“無線”で情報交換及び、合流の予定である。
“バイクに乗らないバイク乗り”をこれ、“ただの人”と呼ぶ。だが、我々は“濡れるバイク乗り”よりは“濡れないただの人”を選択したのである。ところが、“事件”は翌朝起こったのである。

翌早朝、昨日の酒も残らず、スッキリと目覚めた私であったが、どうも様子が変なのである。なんか、外が明るい。“はて?”等と思いつつ、ベランダに出てみると、“降っていない!”のである。おまけに路面もドライ。
ってバイクで行けるやないか!!と思ったのだが、KONさん号は既にハンディーの無線機+ヘリカルアンテナで通信できる距離まで来ている。
今更、“降って無いんで、ワシ、バイクで行かせてもらいまっせ”とは到底言えない状況である。
止む無く、約束通り迎えに来てくれたKONさん号に同乗し、東名を沼津に向けて移動。
が、車内の様子がイマイチ盛り上がらんのである。どんどん、明るくなる“空”を見てため息…。我々を追い越して行くバイク(さすがに数は少なかったが…)を見てため息である。以後、車内で天気の話は厳禁とされた。

さて、沼津ICを降りてR136を南下。この辺りで、中央道から山中湖方面をやはり南下して来たやんべさんと430MHzの無線で連絡が着き、(交信が出来た瞬間にやんべさんも“天気”について愚痴っていた。)無事合流である。
とりあえず、程良い時間なので昼食スポットへ。
ここはGAZZYさん、推奨の“タカアシガニ”で有名な丸吉さんへ。だが、この“タカアシガニ料理”とは目玉が飛び出すくらい高価なものである。一人前、1万円~2万5千円。殆んど“時価”って奴である。到底、我々の口に入るものではない。

店のおばさんの先導でニ階の座敷へ。みんな思い思いの物を注文。私も“てんぷら定食”をチョイス。
それと、やはり“タカアシガニ”が諦めきれない我々は比較的安価な“コロッケ”を注文。
で、待つ事しばしで注文の品がやって来た。
我々はブロガーの集まりでもあるので、各自、自慢の愛機で“お約束”の撮影大会。私もバッグから愛機“CX-3”を引っ張り出し、撮影開・・・?おかしいのである。電源が入らん。すわ!故障かと慌てたが、なんと!バッテリーが入っておらんのであった。
思えば昨晩、ほろ酔いながらも“万全の準備”とばかりに充電をし、充電器につけたまま出掛けてきたのである。
動かないカメラなど“ただの箱”“ただのオモリ”に過ぎない。私の尊敬する報道カメラマンの宮嶋茂樹氏の明言に“死んでもカメラは離しません。”と言う言葉がある。私もカメラは離さなかったが、とんだ間抜けである。先程“バイクに乗らないバイク乗り”をただの人と書いたが、“写真の取れないブロガー”もまた“ただの人”である。もう、私は完全に“間抜けな観光客”に過ぎない。こうなったら、“携帯”で撮るしかない。が、所詮“携帯のカメラ”などおまけに過ぎない。あれはあくまで" 電話”なのである。なぜ、私はここまで“携帯カメラ”にケチを付けるかと言えば、私がまだ、まともな“コンデジ”を入手する前、携帯で撮った画像をブログアップした事がある。しかし、その画像のクオリィティーの低さに愕然とし、以後殆んど使っていないのである。(その時から何度も機種変更し、今は比較的新しい携帯を使っている。)まあ、今回は家で留守番”をしている嫁に見せて羨ましがらせたろ!くらいのつもりで撮影したのだが、帰ってPCで画像を確認してみると思ったより画像がキレイなのである。幸い、SDカードを搭載していたので、ファイルの移動も簡単。その昔、知識が無かったアホな私は画像を1枚ずつメールに添付してPCに送っていたのである。携帯のカメラがイマイチ気に入らんのはそのせいも有るのである。
という訳で~!!私のチョイスしたメニューのご紹介。
まずは“タカアシガニの身が入ったコロッケ”
コロッケ.jpg

てんぷら定食
てんぷら.jpg

どれも美味かった!!で、写真の撮り方がいい加減なのは、ブログに使うつもりが無かったからである。ついでに“撮った画像”が少ないので当社比150%アップの駄文の羅列になってしまった。

その頃、我々とは別行動で既に宿に“現着”していたクロさんは1人で海で泳いでいたそうである。こういう、1人でも遊べるのが“大人の漢”である。その余裕、実ににカッコ良いのであった。

無事、食事を終え丸吉さんを後にした我々は海岸沿いのクネクネ道を宿を目指して進行していた。天気はますます良くなり、薄日さえ差してきた。が、この天気にはそれはおとろしい“神通力”が発揮されていたのである。それは今回の細々とした事を一手に引き受けてくれたTさんである。
このTさん、実は自他共に認める“晴れ男”なのである。例えば、こんなエピソードが…。ツーリング中、食事の為、SAに入った途端、ゲリラ豪雨襲来!ところがTさんが店から出てくると、嘘のように止んでしまったのである。また、別のツーリングでは回りはみんな雨なのにTさんが、行く方向だけ雨が降らんかったりするらしい。が、対してGAZZYさん兄妹はとんでもない“雨男&雨女”である。GAZZYさんはツーリングに行き先々で豪雨に見舞われ、妹のコロちゃんに至っては、結納の日は大雨、結婚式当日に至っては大雪だったとの事。まあ、この両家の持つパワーが、互いにせめぎあい、この微妙な天気になっているのかも知れんのである。しかし、現在はT家がやや優勢か?ともかくコースコンデショインはバッチリで、まあ~バイクで来たらたいそう、楽しそうな道であるが、もうその事は言いますまい。
しかし、伊豆もこの辺りまで来ると、水が素晴らしく綺麗である。また、小さな入り江が続くこの海岸線には、入江ごとに小さな海水浴場が有り、家族連れや、地元の子供達が元気に泳いでいる。
流石に白浜海岸のように“原色バリバリ”の派手な水着のネーちゃんが居ないのが残念であった。
が、当然みんなが思ったであろう事を、誰も口にしなかった。なんせ車内にはコロちゃんが居るのである。我ながら実に懸命な判断である。

そうこうするうちに、ついに今夜の宿、雲見温泉民宿 半右衛門 さんが見えてきた。
宿.jpg

すでに、Mr.Tさんご夫妻は宿に到着しており、久しぶりのご挨拶。思えば昨年の“漢前祭り”以来である。
その時、何の気なしに廊下に目を遣った私は愕然とした。そこにはクーラーボックスの山が…。聞けば、知り合いに片っ端から声を掛けてかき集めたらしい。当然の事ながら、“中身はアルコール&氷”である。
一般的にこの手の宿は“持ち込み厳禁”である。下手をすると、“持ち込み代”なるみかじめ料をふんだくられ事もある。そこに“部屋で飲みまっせ!”“全開で持ち込んでまっせ!”と高らかに宣言しているようなものである。
心配になった私はTさんに耳打ち“これ、大丈夫なの?”と、Tさん曰く“クーラーボックスを部屋に持ち込ま無ければ飲み物の持ち込みはOKにしてもらいました。”との事。
やはり、この人は唯の“晴れ男”だけでなく“ネゴシエーター”としても一流であるのだった。

ともかく、部屋に入って一服の後はお楽しみの“温泉”である。ここの温泉の露天風呂が実にシブイのである。
露天風呂.jpg

さすが、海の近くだけあってこの温泉、お湯がしょっぱいのである。試しに舐めてみたので間違いない。が、その塩分のおかげか風呂上がりはいつまでもポカポカしていた。
まあ、湯上りと言えば“一杯”が付きものである事は、皆さんも異議は無いであろう。
と言う訳で、さっそくTさんが用意してくれたビール(ホントは発泡酒)をグビグビ!ぷはぁ~!!正に最高の気分である。
そうこう、しているうちに聞き慣れた“4気筒”のバイクの音が。そう、今回初めて“祭り”参加する3名の到着である。途中、豪雨の区間をバイクで乗りきったア・・・もとい!見上げた根性の精鋭部隊である。まずは“なのだ~”を駆使したハイテンションのブログが有名のMさん銀ぼるさん旅好きライダーさん。皆さん、初めましてであったが、同じバイク乗りである。すぐに打ち解けてもらったのだった。
そうこうしている間に長野からクルマを取りに東京経由でやってきたおやじさんも到着。“おやじ”などというHNはとても似合わない紳士である。

後着の関西連合とおやじさんが温泉から上がってきた頃、いよいよお待ちかねの宴会タイムに突入!!
一階の大広間を占拠しての大宴会。また、出てくる“海の幸”が素晴らしい!!
刺身盛り合わせ&鯛のしゃぶしゃぶ
刺身.jpg

伊勢海老&あわび(別オーダー)
伊勢えび.jpg

みんな、バイク乗りだけあって話題は尽きない。あっという間にもう長い事付き合いのある友人のようだ。
大人になってからのこういう“損得勘定”のない友人はなかなか出来ないものであり、嬉しい限りである。
盛り上がるメンバーに気を良くしたのか、ここでサービス料理登場!!マグロのカマ”である。
マグロ.jpg

これまた、絶品!!ともかく大いに飲んで、大いに食って一次会終了。
だが、当然この後は2次会である。Tさんが用意してくれた飲み物は多岐にわたり、飲みたい物を告げると必ずあるのである。ともかく、在庫が豊富であった。
また、バイクに関する話やら、無線の話なんかをしていると、GAZZYさんのご子息、R君に悩みが有る事が発覚!!青春のスタートの中3である。悩みはもちろん、“恋の話”。経験豊富な?オジサンとお姉さん(と言うかコロちゃんは叔母さんに当たるのだが…。)がそれぞれアドバイスを…。特にやんべさんの話が一番説得力が有ったような…。R君に幸せが訪れるのであろうか?頑張れ!R君!

その他、私とコロちゃんでのマンガ“釣りキチ三平”話やら、ホントの釣りに行く約束等(ここで私はデカイ面をしてR君に、これ以降、私を“師匠”と呼べ!と強要したのである。)
その他、エヴァネタ、KONさんが得意な高貴な話、サスペンションの話等を、偉そうにほざいていたらしい。 らしいと言うのは、話題が多すぎて書ききれないのであって、決して記憶が定かじゃない訳ではない。
“うん?泥酔だったじゃないの!”等と、邪推する輩はツーリングごとに、ゲリラ豪雨の洗礼を受けるであろう。
ともかく、そんなこんなで午前1時頃まで宴は続いた。部屋に入り、布団を引くなり爆睡モードの私だった。
で、翌日の朝である。どうやら、夜のうちに雨が降ったらしく路面はウェットであるが、今は止んでいる。やはり“Tさん効果”であろう。

そうこうするうちに朝食である。おかずはお馴染みの“アジの開き”と昨夜の“伊勢海老の頭で作ったみそ汁”等。なぜか異常に空腹を覚えて私は朝っぱらから3杯メシを喰らい、周囲を驚かせたのであった。

朝食終了後、清算をして、関西連合の3台のCBが一足先に出発!みんなで手を振ってお見送り。
その後、神奈川組のメンバーはKONさん号に搭乗。やんべさん、クロさんはそれぞれのクルマに…。
クロさんは天城方面へ、私達とやんべさん、おやじさんはR136へ。途中で埼玉に帰るやんべさんと無線で交信しながらお別れ。我々は、伊豆スカイラインへ。バイク事故急増で、“バイク通行禁止”も検討されるこのルートだが、さすが、Tさんとの距離が離れるにつれて天候が悪化。やがて、雨と霧で視界も悪くなってきた。
この時初めて車内のメンバーは“バイクで来なくて良かった!”と胸をなでおろしたのである。聞けば、関西3人組はやはり途中で豪雨に見舞われたらしいが、流石の根性である。

小田厚の入り口でおやじさんと別れた一行は小田厚→圏央道を駆使して海老名へ。ここまで来ればもう、自宅に着いたのも同然であるが、“家に帰るまでがツーリング”である。気を引き締めて(まあ、運転かKONさんに任せっきりなのだが…。)まずは私の自宅に送ってもらう。この後、残りのメンバーは地元では有名な餃子屋さんに行き、みんなで100個食べたらしいが、朝飯を食い過ぎた私は無念のリタイアとなった。

そんな訳で初めての試みであった“上げ全据え膳的漢前祭り”は無事に終了した。この天候では、キャンプ等しようものならエライ騒ぎだったに違いない。Tさんの作戦勝ちである。

最後に、宿の手配から飲み物の調達までしてくれたMr.Tさんご夫妻、至らぬ管理人をきっちりフォローして下さったGAZZYさん、KONさん、有難うございました。また。クロさんを始めとして“漢前祭り”を盛り上げて
下さったすべての参加者に感謝します。
また、サービス満点、ブッチャケ1万チョイであのクオリティーの食事とサービスを提供してくれた、雲見温泉民宿 半右衛門にも感謝します。また行きますね~!!
なお、お断りしておくが、このただ長いだけの駄文はあくまで“ガンフィルター”を通して見たものである。
従って事実と違う事や私の妄想が多く含まれている。“祭り”の正確な情報を得たいという奇特な方には、リンクさせて頂いている参加メンバーのブログを合わせてお読み頂きたい。

そして!!次回は初の試みパート2!!“漢前祭り秋の陣!キャンプだ!ホィ!”を11月に開催する事になった。今回参加されたメンバーはもちろん、参加出来なかった皆さんもぜひご参加下さい。
おそらく、場所はいつもの“青野原オートキャンプ場”の予定である。日帰り参加も歓迎!
詳細は後日またアップさせて頂く。期待されたし。

PS 秋祭り参加予定者に連絡です。私、酔っぱらうと爆音でいびきをかくらしい。テント設営は皆さんから離    れて設営するが、なんせ、あの薄い布1枚である。気になる方は“耳栓”の準備を推奨する。
nice!(4)  コメント(22)  トラックバック(1) 
共通テーマ:バイク

nice! 4

コメント 22

クロ

お疲れ様でした~
お腹いっぱいの記事ですね・・・さすがです!
いろいろお世話になりましたが、11月もよろしくですm(_ _)m
所で「上げ膳据え膳的漢前まつり」来年もあるのでしょうか?

by クロ (2011-08-27 17:59) 

Mr.T

幹事、お疲れ様でした&ありがとうございました。
ガンさんはじめ、皆さんのおかげでとても楽しい祭りとなりました。
感謝です。
今から秋の漢前祭りが楽しみで楽しみで・・・(^^;)

>クロさん
「やりたーーーーーい!」に一票です。( ̄ー ̄)ニヤリ
by Mr.T (2011-08-27 19:45) 

GAZZY

先日はお疲れ様でした。
今年も充実した楽しいお祭りになりましたね。
ただ、バイクで行けなかったのが(^^;)
それでも車の中で楽しくお話出来たのは良かったです。
また、息子が大変お世話になりました。
師匠、秋のキャンプ宜しくと言ってました(笑)
by GAZZY (2011-08-27 21:02) 

なか

こんばんは。
読ませていただきました!
いい宿ですね~
天気が残念でしたね、でも楽しそうな集まりでうらやましいです。

そのうちに宮ヶ瀬か道志で偶然しましょう(笑)!

by なか (2011-08-27 21:03) 

おやじ

先日はお疲れさまでした。
バイクではなかったのが残念でしたが、次回はバイクでご一緒しましょう!
またよろしくお願いします。
キャンプ道具は持っていないので秋は・・・
早速前向きに検討します!。(汗
by おやじ (2011-08-27 23:13) 

KON

ガンさん、先日はお世話になりました(笑)

楽しい時間はあっ!と言う間に過ぎてしまいましたね(涙)

秋祭りで完全燃焼しましょう!!

上げ膳据え膳まつりまたやりたいっす(笑)

by KON (2011-08-28 16:08) 

M[えむ]

お疲れさまでした(^-^)お世話になりました(^0^)ありがとうございました。
超楽しい2日間でした。
特に上げ全据え膳以降のナイトミーティングはサイコーでした。
次回のキャンプも参加できるように、自宅内で張ってwwテントチェックしておきます(笑)
by M[えむ] (2011-08-28 18:47) 

剣片喰

 美味そうですね。秋は参加できると思うので、よろしくです。
by 剣片喰 (2011-08-28 20:56) 

ガン

クロさん、おはようございます!コメント、ありがとうございます。
今回、初の宿泊施設利用の祭りでしたが、大変好評のようで
私的には、来年もここでいいんじゃないかな?と考えています。
料金もリーズナブルでしたしね。
とりあえず、そんな感じであります。
まあ、その前に11月ですね。よろしくお願いします。
by ガン (2011-08-30 05:14) 

ガン

Mr.Tさん、おはようございます。
今回は大変お世話になりました。
で、来年ですが、個人的には↑にも書かせてもらいましたが、
今回の民宿でいいのでは?と思っています。
バイクで参加の場合、またTさんの負担(荷物の運搬等)が
大きくなってしまうかも知れませんが、輪番制で来年は誰か
別のメンバーがサポートに回ってもいいですしね。
ともかく、まずは11月ですね。お会いできるのを楽しみにしています。
by ガン (2011-08-30 05:20) 

ガン

GAZZYさん、おはようございます。
先日は大変お世話になりました。
R君と遊べて私も楽しかったです。
なんとか、11月前に"釣り”に行きたいですね。
R君の“その後”の話もきになりますし…(笑)
ともかく、次はバイクで&キャンプ企画もよろしくお願いします。
by ガン (2011-08-30 05:26) 

ガン

なかさん、おはようございます。
日曜日は残念でしたね。また、次の機会によろしくお願いします。
さて、今回の宿ですが、とても良い宿でした。
お風呂、料理どれをとっても素晴らしかったです。
おまけに、料金も格安です。
来年は、ご一緒に如何ですか?また、11月のキャンプにも
ぜひ、ご参加下さい。
by ガン (2011-08-30 05:32) 

ガン

おやじさん、おはようございます。
今回は、バイクで行けなくて残念でしたね。
次はバイクでお願いします。
それと、11月ですが、クルマ参加であれば、車中泊と言う事で、
寝袋くらい、用意して頂ければ、メンバーが色々持っていますので
特別な用意が無くても大丈夫かと…。
でも、今後もキャンプツーやご家族とのキャンプをお考えでしたら、
装備をそろえるのも楽しいですね。
ともかく、今後ともよろしくお願い致します。
by ガン (2011-08-30 05:37) 

ガン

KONさん、おはようございます。
先日はクルマの提供&ずっと運転して頂いて有難うございました。
やっぱり“ハイエース”いいですねぇ…。
次は、キャンプでよろしくです。
“上げ全据え膳祭りは皆さんにも好評だったようなので継続の方向で
検討しますね。楽しかったですしね!!
by ガン (2011-08-30 05:42) 

ガン

Mさん、おはようございます!!
先日はお世話になりました。初対面でしたが、初めてお会いした気がしませんでした。(笑)
11月も参加頂けるとの事、有難うございます。万全の準備でお願いします。(笑)
次は、天気の心配が無いと良いですね。
by ガン (2011-08-30 05:45) 

ガン

剣片喰さん、おはようございます。
今回のツーは“楽しい&美味しい”企画でした。
でも、剣片喰さんも北海道で、美食ざんまいですよね。(笑)
気を付けて行かれて下さい。
11月の企画はぜひ、ご参加下さいね。
by ガン (2011-08-30 05:48) 

ガン

cuartaさん、おはようございます!nice!を有難うございます。

by ガン (2011-08-30 05:50) 

ガン

ライフタッチノートさん、おはようございます!
nice!を有難うございます。
by ガン (2011-08-30 05:53) 

ガン

yosiさん、おはようございます!いつもnice!を有難うございます!
by ガン (2011-08-30 05:54) 

ガン

かみさま、おはようございます。いつもnice!を有難うございます。
by ガン (2011-08-30 05:55) 

やんべ

こんばんは。
コメント大変遅くなりました。
漢前まつり、お疲れさま&お世話になりました。
今年はツーwith無線 が一度も実現していませんが、また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
秋のキャンプ、相変わらず仕事次第ではありますが、参加可能になった折にはよろしくお願いいたします。
by やんべ (2011-09-03 19:13) 

ガン

やんべさん!!こちらも返信が遅れてすみません!!
祭りでは大変、お世話になりました。

ツー&無線もそうですし11月のイベントもよろしくお願いします!!
by ガン (2011-09-11 10:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1